カタテマゴト

学資保険は契約まで時間が掛かる!?ドアノック商品は担当者が他の商品を勧めてくるので正直ウザい。

time 2013/12/21

calculator-428294_1280

先日の記事の通り、ソニー生命の学資保険をネット上で申込むこと1週間、担当者から連絡が来て会うことになりました。

どんな切り込み方をするのか構えながら応対をしたのですが、ライフプランを聞いてきたり、将来像について話してきたりと、中々本題に入ってきません。

結局1回で契約までいくこともなく、ただただ情報収集をされ終わってしまいました。

そして、この師走の忙しい中、2回目の相談へ。

今度こそ契約までこぎつけようとするも、またもやライフプランをタブレットを用い説明するばかり。
ちょうどその日は私用もあるため1時間程度で切り上げましたが、結局学資保険については何も進展せず。。。
一つだけ勧めてきた保険は、余剰金を養老保険に預けませんか?とのアドバイスだけ。
確かに養老保険一括で預けると満期時配当が入るし、年末調整の減税効果もあるのでメリットも有りますが、それは頼んでいる学資保険の話しを済ませてからにしてほしいものです。

売り込みたい気持ちは分かるし、ある程度覚悟はしていましたが、延々と関係のない話ばかりされると時間の無駄ですし、何より私も一応FPかじっているのでライフプラン表くらい作ってますからー!って思い、億劫になってしまい1ヶ月近く電話もメールも放置しタイミングを見計らってようやく会うことに。

その作戦が功を奏したのか、今回の話し合いでは直ぐに本題に入ることが出来ました。

改めて話を聞くと、ソニー生命でも新しいタイプの学資保険を始めたとの事。

それは、受取時期を高校卒業から数年に分けその分返戻率を高く設定するという、少し前に話題になったニッセイ等と同様のパターンでした。
返戻率が高いのは魅力的ですが、以前も書いた通り、私的には入学金等で一番お金の掛かる大学入学前にある程度纏まったお金がほしいので、この新しいタイプは選択肢に上がりませんでした。

担当者に聞くと、他の生命保険会社が『返戻率1××%!!』というキャッチフレーズを売りにしている為、追随しなくてはならないらしく、このようなタイプの保険を新たに作ったとの事でした。

もう一つ、「無配当型」と「5年毎配当付き」の二種類が選べるらしく、簡単に区別すると「無配当型」は配当が出ない代わりに差益を上乗せしてくれるので月々の支払額が若干安くなり、「配当付き」は配当が出るかもしれない代わりに保険料に還元されないものでした。

しれないと言うところがキモで、実際今まで配当が出たことは少ないとのことでした。
まぁ、差額は年300円程度なので配当の淡い期待も込めて「無配当」と「配当あり」の両方を二分割し、それをリスクヘッジで夫婦二人に分けて契約しました。

最終的に、保険金額は月¥5,000円を基準に合計年払い¥60,384円で満期時に120万円受け取れる契約にしました。
年利換算すると0.52%程度で、(2014年2月現在では)割りと良い利率ではないかと思います。

今回学資保険を契約した感想としては、やはりドアノック商品だけあって、担当者がガンガン他の保険商品を勧めてきます。
また、(私の担当者は)話が別の商品やライフプラン等にそれてばかりで中々契約に至らない為、急いで契約したい人にはもどかしい気持ちになると思います。
ただ、ライフプランシートの作成してくれるサービスなどは、自分のキャッシュフロー表作成の参考にもなりますし、何より、他の保険商品の勉強にもなると感じました。
 

sponsored link

コメント

  • ボバさん、お久しぶりです。
    お子さん生まれたんですね、
    おめでとうございます。
    そうでしたか~不思議な担当者でしたね。
    本当かどうか知りませんが、
    学資保険の手数料は安く、
    会社としては積極的に売りたい商品ではないとか?
    恐らく他の保険商品を売りたかったのでしょう

    by モコ €2013年12月19日 4:30 PM

  • >モコさん
    ありがとうございます。
    私も学資保険は保険屋が売りたくない(儲からない)保険だと何かで読んだことがあります。
    でも勧められた養老保険も同じようなモノらしいのですが。。。
    昨日も電話来ていましたが、もう少し焦らしてから話をしてみようと思っていますw

    by ボバ €2013年12月21日 3:10 PM

down

コメントする






sponsored link

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
デル株式会社


HP Directplus -HP公式オンラインストア-