カタテマゴト

夏のボーナスからの支出はゼロ。毎月30%の貯蓄率とボーナスで加速的に目標貯蓄額を達成させる。

time 2016/06/25

freee151108088544_TP_V
サラリーマンの皆さん、ボーナスはもう支給されましたでしょうか?

夏のボーナス支給日は多くの企業が6月から7月にかけてというのが平均的ですが、我が家は私は6月で妻が7月という若干のタイムラグが有ります。

ボーナスは年収ベースで考えれば、要は毎月の給与の積立分がまとまって支給されるだけのものということは判っていながらも、それでもいつもより大きい金額を見るのは嬉しいものです。

sponsored link

2016年夏のボーナス平均額は

毎年マスコミ各社でも、ボーナス額が前年度比で上がった下がったと報道されている通り、ついつい自分の金額と周囲を比べてしまうのも人間の性です。

では今年2016年夏のボーナス支給額はどの位と予測されているのでしょうか?

三菱UFJリサーチコンサルティング株式会社の調べによりますと、民間企業平均は358,409円という金額で前年度比0.5%アップの見通しという調査が出ています。
ufj
三菱UFJリサーチコンサルティング株式会社より引用

また、大手比較サイトカカクコムリサーチによると推定支給額は全体平均で60.9万円と前述の三菱UFJリサーチと大きく差が開いた調査結果になっています。

その他別のサイトでは70万円程度が平均という回答もありますので、平均額は企業規模や業種によっても異なってくるので、どれが正解かというものは一概には分かりませんので参考資料として留めておきたいと思います。

ボーナスの使いみちは決まっている?

さて、我が家も共働きということで夫婦共にボーナスが支給される予定ですが、いわゆるボーナス払いなどのボーナスを充てにした負債はここ数年全く無い状態です。

例えば自動車ローンや住宅ローンなど大きい買い物をした際にはボーナスで一気に支払い、余計な利息を払わなくする方法として良好だと思いますが、日常消費やボーナスまで我慢して買おうといった、ボーナス依存型思考は、健全な家計管理においてあまり好ましくないと思っています。

先日のイギリスEU脱退ショックにもある通り、経済の見通しは常に不確定な中、もし自分の会社でボーナスが出なかったらどうするか考えたことはないでしょうか!?

実際、業種によっては不景気になるとボーナスカットや人員削減などが進められることもある時代ですから、ボーナスが支給されなくなるということもお隣の国やマスコミの中だけの話だけではないかもしれません。

そういったリスクを考えると、ボーナスが充当される負債は極力持たないほうがリスクヘッジからも安心かと思いますし、負債がないということは、ボーナスが丸々貯金に充てることができるんです。

これは家計管理をする上で、大きなチカラになりますよ。
毎月コツコツ貯めていた貯金額が、バーンと一気に跳ね上がるので、管理側としても気持ちが良いものです。

当然我が家はこのボーナス支給で一気に年間目標貯金額達成に向けていきたいと思いますが、ただボーナスだけでは流石に目標額に届かない現実もあるため、毎月少しづつの貯金も重要です。

今月の家計簿を公開

毎月先取り貯金と後取り貯金を駆使し30%以上の貯蓄率をキープしていますが、今月の家計簿についても先日無事に締めました。
h28.6
今月は生活費を上手く圧縮できたことと予備費にあまり手をつけることなく1ヶ月過ごすことが出来たので、貯蓄率も微増の37.9%を達成しました。

これで1月と4月という節目の2ヶ月を除き6ヶ月のうち4ヶ月は35%超えの貯蓄率を保つことが出来ました。

当然この中から特別出費は出て行くので全てが年間貯金に回るわけではないのですが、以前の記事 icon-external-link  の通り、年始めに分かっている範囲で特別支出を予算立てしておけば慌てて出費がかさむこともないので、予算計画はざっくりで良いので立てておきましょう。

まとめ

今年はマイナス金利ということもあり、高い利率の商品が夏のボーナス時期にも発売されていませんので、我が家の資産はほぼ普通預金となっているのが現状です。

息子の誕生日までに、もう一つ学資保険に入ろうと思いながらも後回しになっているため、下半期の目下の目標は学資保険について動向を調べることでしょうかね。

あとは、自動車保険の切り替えがもうすぐあるので、毎年行っている自動車保険一括見積もりサービス icon-external-link  で保険料の見直しをして、値段の安心感のバランスの良い自動車保険会社を選ぶことが課題でしょうか。

我が家は通信費を見直し大幅な固定費削減を行うことが出来たので、次は保険と自動車について着手していこうと思っています。

sponsored link

down

コメントする




関連記事



sponsored link

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
デル株式会社


HP Directplus -HP公式オンラインストア-