カタテマゴト

私流。海外ホテルを最安値で予約する方法(国内ホテルでも可能)

time 2015/02/21

先日の記事の通り、今年のゴールデンウィークはThailandに行く予定の我が家です。

前回の台湾旅行もそうですが我が家は基本的に個人旅行プランなので航空券からホテルやオプショナルツアーまで個人で手配します。

実際、その方が安上がりな場合が多いですし、何より自分たちの都合の良いように旅程を組むことが出来るのが魅力です。

その中の一つであるホテル予約についてですが、これが旅行サイトによって結構値段の差に開きがあります。

特に海外旅行だと外資系サイトの方が安い場合も有りますので、私のやっているリサーチ方法を紹介します。

先ずは、横断サイトの代表格、トリップアドバイザーを使用します。
希望する年月日と目的地を入力して

top

並べ替えソートでランキング上位に並べ替えます。

ランキング

右側の料金を見ながら自分たちの予算に合ったホテルを順に見ていきます。

良いホテルか見定める方法としては、写真一覧の『全ての投稿者の写真』を最初に見ます。

施設写真

ホテル側が用意した写真はプロモーション用なので当然綺麗で豪華に写っています。
それよりも投稿者がスマホやデジカメで投稿したスナップ写真のほうがリアリティがあります。

国内宿泊サイトではこういったプロモ写真が多く、実際に利用した際がっかりした経験ありませんか!?

その点、このトリップアドバイザーは生の写真が沢山投稿されているので、この写真を見ながら「これはないわー」と思うホテルはどんどん除外していきます。

写真を見て問題ないと判断したホテルは、次にそのホテルの口コミを読みます。

口コミには日本人外国人問わず沢山のコメントがありますが、このサイトはgoogle翻訳を自動してくれ、外国人のコメントも日本語表記してくれる場合もあります。

ただ、経験上ですが、外国人のコメントは比較的良い評価が多いです。
それに対し、日本人は細かくチェックしてくれる人が多いので、できるだけ日本人のコメントを参考にするとよいでしょう。

コメントの中には、日本人のコメントが殆ど無く、外国人ばかりのものもありますが、そういったホテルの中には稀に格安で良いホテルが埋もれている場合もありますので直感を信じ選んでみるのも一つかもしれません。

その中で私が選ぶポイントは5つ。

1.写真で見て、トイレとバスが清潔か確認する。
2.口コミからホテルスタッフのホスピタリティは良さそうか判断する。
3.口コミに、写真では見えないアメニティや寝具の汚れ等の不満コメントはなかったか確認する。
4.ホテルへのアクセスは良好か
5.ホテル周辺の治安は悪く無いか

1.2は日本でも当たり前ですが、3は外国ならではのファジーな感じがホテルによってはあります。
気にされない方は良いと思いますが、シミや髪の毛など中には大雑把なホテルも有りますので、ここは几帳面な日本人のコメントをいつも参考にさせてもらっています。

4.5は初めて訪れる都市であれば結構重要視しています。
公式ページや外国人の口コミでは「○○駅△分」「治安も問題ない」などとありますが、日本人と受ける印象も違いますし、逆に日本人の過剰な慎重コメントに惑わされることもあります。

私はある程度ホテルを絞った段階でgoogleストリートビューを使用して町並みやアクセスをチェックして決めています。

これらのフィルターでホテルを5つくらいに絞っておいて、ここからは個別に調べ直しをします。

その前に、出来ればホテルを選ぶ前にトリップアドバイザーの会員登録することをおすすめします。

会員登録すると、保存リストなるものが使用でき、いくつかホテル候補を選んだ段階でマップ上で立地面等の比較ができるので便利かと思います。

保存リスト

地図上に並べられたホテルを見ながら、ホテル同士距離の近いものがあれば、値段や部屋のグレードを比較をしてどちらかを消去するとこの後の作業が少し楽になります。

さて、絞ったホテルですが、ここからトリップアドバイザーで出た最安値金額が本当に最安値か調べ直します。

方法は簡単。

トリップアドバイザーで表示されなかった旅行サイトにアクセスし個別で調べるのです。
これで驚くほど安くなる場合があります。

トリップアドバイザーは万能ではなく、検索漏れや、旅行サイト側のリンクが合わない!?為、予約金額が表示されない事があります。ですので、主要な旅行サイトは個別にチェックしましょう。

また、国内の場合が多いですがJALのホテル予約サイトも横断的に調べることができ、同じホテルがトリップアドバイザーより2〜3割安く表示される事もあるので要チェックです。

また、Hotels.comExpedia,Agoda等は最初の額面にはサービス料や税等がされておらず、予約最終画面まで行かないと本当の値段は分からないので注意が必要です。

因みに、『そこまで時間がない!』『面倒臭いという人は』

アジア圏ならagodaが、部屋タイプが多く選択できるのと、他と比較した時最安値になることが多いです。

ヨーロッパ圏ならHotels.comだと、予約後でも予約した金額より安いサイトが見つかれば値引きしてくれるので、ほぼ最安値になることが多いです。ただ、値引きするには部屋タイプからサービスまで全てが同条件でないとダメなので、agodaのように部屋タイプが多いものと上手く競合させられない事があります。

またHotels.comは、1泊ごとにポイントが貯まり、10ポイントで1泊分の宿泊特典を貰えます。
trip
この特典は宿泊した総金額の10%分が還元される仕組みです。
例えば1泊10,000円×10泊=100,000円のうち10%、すなわち10,000円分のバウチャーになります。

この仕組を使えば、常にホテルが10%引きで利用できるのと同じことになるので、私はいつも最安値を比較する際にこの10%を計算しています。

海外ホテルはアジア圏以外ならHotels.comに最終的に落ち着くことが殆どですね。

国内ホテルならじゃらんHotels.comこの国内サイトと海外サイトの二つを比較するだけでも最安値に近い金額が出てくると思います。

いかがでしょうか?
同じホテルを予約するにしても1泊2,000円以上の差が開くこともよく有りますし、更に連泊となれば同じ条件で1万円以上差が開いてしまうことも。

同じものであれば少しでも安く節約できるように予約して、その分現地の美味しい物なんかを食べたいですね。
 

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
デル株式会社


HP Directplus -HP公式オンラインストア-