カタテマゴト

新車購入する際の交渉術。

time 2014/05/08

職場の後輩が新車を買うために色々悩んでいました。

車種は2種類まで絞っているものの未だ決めかねていますが、やはり天秤に掛かるのは値段ですよね。

Mディーラーは営業の対応も良くそれなりの値引きにも親身にのってくれるそうですが、Nディーラーは「新型なので値引きは出来ません」と強気で、態度もどこか横柄な為あまり乗り気にならないそうです。
しかし、本命N社なのでどうしたものかと相談を受けました。

私も同じディーラーで車を購入していて、その際70万程値引きしていたのでその時のアドバイスをしてあげました。

1.営業マンには下手に出て褒めちぎる。

本来は買う側がお客様なので上手に出てしまいがちですが、営業マンも人間です。横柄や高圧的な態度の人にはイラっとすると思います。
それよりも感じの良い人の方が、この人のためになってあげようと思うのではないでしょうか!?
ただ、気を付けなくてはならないのは、あまり下手に出ると営業マンが強気になってしまいその後の交渉がし辛くなるので程々にお客様感を出すのを忘れないようにしたいです。

2.付けたいオプションは半分だけ最初の交渉で出して、残りは最後に出す。

ここは営業マンの出方にもよるのですが、オプションを最初にノリノリのテンションで出していくと、営業マンは「この客買う気あるな」と思うわけです。そうすれば売るために押せ押せでくる可能性がある為、無理な交渉も通りやすくなるかもしれません。そしてある程度交渉が終わり、いざハンコを押す直前に残りのオプションをお願いするとかなり難儀にはなりますがサービスで通る事がありますし、ダメなら割引で交渉という摺り寄せもいけると思います。

3.もう無理です。と言われてからソフトにもう二押しする。

あくまでもソフトにが重要です。
1で述べたように営業マンの気分を害さない範囲で5万10万の値引き交渉を進めます。その時、他社の同系車種の見積もりを出しても良いですし、自分の予算を少し下に設定して「予算内なら買うのにな~」等とボヤいてもアリだと思います。
ここまで来たらもうソフトゴリ押しで行くのが自分的には有効かと思います。
私は最後の交渉から2回押して15万程引いてもらいました。

大まかにこの3つを駆使しながら交渉を進めていくのが自分流ですが、全てのパターンで上手くいくとは思っておりません。

また、職業柄、人と話しをするのが好きなのでこういった交渉を進んでやりたがる私ですが、妻などは面倒臭いと言い全くやりたがりません。

この辺りも人によって考え方は様々なので、私のやり方が参考になるかは分かりませんが記してみました。

我が家は昨年妻の中古車を購入したばかりなので、次回購入まではもう少し時間が空きますが、それまでに交渉術を更に磨きたいと考えています。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
デル株式会社


HP Directplus -HP公式オンラインストア-