カタテマゴト

幼児連れの海外旅行に要注意!ご自分のクレジットカードには家族保険特約が付帯していますか!?

time 2015/05/20

突然ですが海外旅行の際、保険に入っていますか?

多くの方はクレジットカード付帯の保険に入っているので大丈夫だと思います。
私もJALカード付帯の保険に無料で入っています。cardhokengoldJALHPより

では、一緒にいく子供はどうでしょう?

この表を見る限りでは、家族保険特約には該当していません。
調べてみると、他の一般的なクレジットカードも同じようにカード名義人本人のみ保険対象者となっていることが殆どで、その家族は含まれません。

大人であれば、多少の怪我は病院に行かなくても我慢出来ますし、万が一食べ物にあたっても持参薬か薬局に駆け込み薬を服用することも可能でしょう。

実際、私はヨーロッパ旅行の際、2回中2回風邪と歯痛で薬局のお世話になった経験があります。

しかし、子供の場合はそうもいきません。
知らない土地での薬を飲ませるのは抵抗がありますし、ましてや我が家のように子供が小さいうちは症状を訴えることも出来ません。

そう考えると、大人よりも子供のほうが万が一の時病院を受診するリスクは高いと言えます。

では、そのリスクに備えるため、海外旅行保険に加入することを考えますが、かかる経費は最小限に抑えたい気持ちもあります。

先述したカード付帯は名義本人のみが基本ですから、何か別の方法で子供の旅行保険を格安で加入できる方法はないか調べてみると二つの方法があげられました。

1つ目は、ゴールドカードに付帯されている家族特約を使用する。
2つ目は、各保険会社から格安の保険を探し加入する。

1つ目の、ゴールドカード付帯について、JALカードにも特約が有りました。cardhokengold

普通カードのアメリカンエキスプレスまたはCLUB・Aゴールドカードになると赤印の通り家族特約が付きます。

ただ、ゴールドカードは年会費も高額で、JALカードだと17,280円、アメリカンエキスプレスでも6,480円と結構な年会費です。
年に数回しか行かない海外旅行にここまでコストは掛けるのはちょっと抵抗がありますね。

そこで、ゴールドカードの中でも家族特約付帯でかつ、初年度会費無料のカードを作ることで、コストを掛けずに保険の適用を受ける方法があります。

例えば、三井住友VISAプライムゴールドカードは会費10,000円が初年度は無料でかつ、家族付帯も受けられます。msvisa1回きりの旅行を目的にするのであれば、ゴールドカードを作って1年以内に解約すればコストゼロで保険の適用を受けられます。
翌年以降も使いたい場合は、三井住友VISAプライムゴールドカードの場合、web明細とリボ払いを選択することで翌年以降の年会費を4,000円にすることも出来ます。

しかし、我が家のように多くても年に2回程度しか海外旅行に行かない家庭では、毎年加入⇔解約を繰り返すことは難しいですし、4,000円を払うのも勿体ないと思います。

そこで、2つ目の方法。
各保険会社からリーズナブルな保険をチョイスし旅行の度に加入するという選択をします。

価格comなど大手比較サイトで海外旅行保険の一括比較をやってくれるので直ぐに最安値が分かりますが、我が家が今回契約したのは エイチ・エス損保という大手旅行会社のHISグループの保険会社です。

hoknesyou他の旅行会社と比較しても最安値でかつ、保障内容も 問題無さそうなためこちらで契約しましたが、今回の旅程3泊4日で1,560円という値段でした。

渡航先や日数に応じて料金は変わるようですが、年に1回か2回しか行く機会がない家庭では、ゴールドカードの年会費を払うよりもこちらのほうが手軽でかつお得かなと思います。

もしこれが年3回以上または長期で海外旅行に行く場合は、先述した三井住友VISAプライムゴールドカードを上手に活用し年会費4,000円払ったほうが得になると思います。

繰り返しになりますが、 大人と違い子供は症状もわかりにくく、また病気だけでなく怪我のリスクも多くあります。
安心かお金か、という選択肢にはなりますが子供の事を考えると保険に入っておいて間違いはないかなと思います。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
デル株式会社


HP Directplus -HP公式オンラインストア-