カタテマゴト

~プチ記事~北海道には隠れたお土産がたくさん。少し変わったスイーツには五勝手屋羊羹をオススメ。

time 2015/09/28

full (6)
北海道はスイーツ王国と呼ばれ、お土産にも自分用にもたくさんの美味しいお菓子があります。

代表的な、ROYCEや六花亭、きのとや、柳月やルタオなど上げればキリがない位美味しいお菓子メーカーがありますが、その中でも、メジャーなものではなく、少し風変わりや新製品の北海道スイーツを探して紹介するのが大好きな私です。

 

最近絡ませて頂いている道産子仲間のメグさんは、札幌のオススメカフェや美味しいお店をブログに書いて紹介してくれていますが、こういった北海道の良い所をドンドン発信していくのは同じ地元民として応援していきたいものです。

そこで、少しマニアックであったり、B級スイーツを愛する私が今回お勧めするのは北海道民でも知る人ぞ知る五勝手屋本舗の五勝手屋羊羹です。

実は先日、贈答品として大好きな五勝手屋羊羹を箱で頂く機会がありました。
P9221249
見てください、この箱にびっしりと敷き詰められた羊羹の数を!

普通は羊羹といえば長方形をイメージしますが、この五勝手屋羊羹は円柱の形と少し変わっています。

箱から出すとこんな感じで、円柱の上部に蓋が付いています。
P9231261

この羊羹、味も甘さ控えめで上品な味わい。他の羊羹とは少し違ったあっさり目の味でとても美味です。

 

しかしこの羊羹、ただ美味しいだけではないんです。
食べ方が少し変わっていて、先ず、表面の包装紙を破いて接着されている紐の片側を外します。
P9231263
P9231264

次に上部付いている蓋を外して
P9231267

反対の底をギューと指で押し上げると
P9231268
P9231269

上側から羊羹がせり出てきます。
P9231270

これを先程外した紐を使ってカットすると
P9231271

羊羹が簡単に切れそのまま食べることが出来ます。
P9231274

食べたら再び底を押して再度カット
P9231275

こんな感じで包丁などを使わずに付属の紐だけで手軽に食べることが出来ます。
今回は、一本タイプの羊羹を頂きましたが、ミニサイズも販売されておりますので、バラマキ用お土産ではこちらのほうがオススメかもしれません。

 

実はこの五勝手屋本舗という会社は明治前より菓子商として営業しており、明治3年には五勝手屋羊羹販売を販売し、昭和11年には当時の天皇陛下のお土産にもなったという北海道の中でも伝統ある会社です。
五勝手屋本舗HPより

以前は、ポテこたんという新しいお菓子をオススメしましたが、こちらの伝統あるお菓子も是非北海道土産にオススメです。

potatoes-377531_1280
じゃがポックルに変わる激ウマ商品を発見!内地の人へのお土産マストアイテムになりそう。
 先日職場の上司からお盆旅行で函館に行ったお土産として『ぽてコタン』という聞きなれない商品を頂きました。 裏面を見ると、製造しているのはカルビー株式会社の原料部門が分離独立してできた会社カルビーポテトで製造…

まだまだオススメしたい北海道土産はありますので、時間を見つけて記事にしていこうと思います。

sponsored link

コメント

  • わ~ 便利でかわいい羊羹っすね~(*´∀`)
    昔、道東のお土産屋で働いてたんですけどこの羊羹は置いてなくて知りませんでした。
    甘いものに目がなくて…目が釘付けになりましたよ(*´Д`)

    by ありんこ €2015年10月2日 11:03 PM

    • ありんこさん。
      見た目も可愛いし、小分けバラマキにも有能なヤツですよ^^
      江差町という道南発祥のお菓子なので、道東まで届いていないんですかね!?

      まだうちにたくさんあるので1本送りますよ(笑)

      by boba €2015年10月3日 7:33 AM

down

コメントする






sponsored link

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
デル株式会社


HP Directplus -HP公式オンラインストア-