カタテマゴト

熊本県を中心とした被災地に対し自分が出来ることと想いを少し綴ってみた。

time 2016/04/18

この度の、熊本県並びに大分県を中心とした九州地方の被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
1日も早い復興をお祈り申し上げます。

sponsored link

災害を知って

今回、この自然災害について、連日テレビやネットを始めとしたニュースで多く現地の情報を知り、また、ツイッターやFacebook等のSNSではニュース報道よりも、更に生々しいリアルタイムの救援依頼情報が届き、物資を求め多くの人が困窮している現状を目の当たりにすることで心が痛む気持ちでした。

そういったSNSから悲痛な現状を知った行動力のある人は、直ぐに救援物資を現地に送ったり、物資を募り、自分の足で被災地へ赴き直接物資を届けているというニュースも話題に上がっていました。

しかしその反面、「物資を送ることは仕分けの労力や物で溢れかえって現場が困るので送るべきではない」という意見や、個人が自分の車で物資を届けるといった行為も「道路渋滞や物流の流れを妨げるので行くべきでない」という意見も聞かれることから、調べれば調べるほど情報量が多すぎて、一体何をすれば被災された方々のためになるのか分からなくなってしまったというのがここ数日の思いです。

校舎のグラウンドや駐車場に「カミ」「パン」「水」などSOSの文字を書くくらい急を要す事態であれば、実に即した物資が求められるのでしょうが、先述したように輸送の弊害もあると思われますし、義援金を送っても避難された方々の手元に届くには時間が掛かる反面、復興には必要な支援であると思われるので、短期での支援か長期での支援かによってニーズも異なるでしょう。

私が体験した被災経験

実際、数年前私の住む市でも大規模停電災害に遭い、復興までに1週間掛かった事がありました。

その時は、近所のホームセンターから全ての暖房器具や水、食料が底をつき、普段1時間で到着する道を4時間近く掛け品薄の灯油ストーブを買いに行ったり、暖房が止まってしまったので、暖を取るために高齢者の方々を1箇所に集め人力で体温を保ったり、食事は全てレトルトで、更に水が貴重なのでラップで食器を覆い使用したりと、高齢者をお預かりするには大変厳しかった1週間だったと記憶しています。

そんな時、Twitterで事態を知った方が「今から行くわ!何足りない?」と連絡を頂き札幌市内から夜中2時頃に3時間掛けて救援物資をバン一杯に届けてくれた方がおりました。

この時、実際に物資を頂いた事で、高齢者への食事提供中心で食べることに困っていた職員達がお腹いっぱい食事を摂れたことは、本当にありがたく、涙を流しながら朝食を食べていたのを今でも思い出し、その方に感謝しています。

もしこの時、義援金を頂いたとしても市内のお店はどこも商品が無い状態で、買い物に行くにも3時間以上掛けて買い出しに行かなくてはならなかったので、物資という形で頂いたことが一番の支援になったのは間違いありません。

悩みながらも我が家が決めた『出来ること』

そんな経験もあったことから、余計に悩みながらも答えの出ないことを堂々巡りしても何も解決しないので、我が家は今回『お金』という形で被災者支援を行うことにしました。

一家庭の金額ですから微々たるものではありますが、少しでも支援に繋がればと思い出させて頂きました。

日頃の備えが大事。我が家で実践していること

災害というものはいつなんとき襲いかかるか分からないものですが、備えあれば憂いなしの気持ちで、我が家では大規模停電後より、防災リュックを作成し定期的に見直しながら必要と思われる物品を整理しています。

また、私も妻も医療福祉職という職種から、自宅に帰ることが許されにくい立場ということがあり、大規模停電の時はお互い泊まりこみで患者利用者対応に充った経験もあります。

そういった経緯から、離れ離れになってしまった際の集合場所も家族間で取り決めしています。

まとめ

今回の災害で、人それぞれ思う気持ちや感情の揺れ動きがあると思います。
ただ、被災されている当事者の方々にとって自分個人に何が出来るかを考えた上で行動を起こす事が大事なのと、いざ自分の身に降りかかった場合を想定して何重にもシュミレーションをし家族間で話し合うという事が重要であると改めてここ数日思いました。

乱筆乱文で読んで頂いた方には大変恐縮ではありますが、ここ数日の思いを文章に書き留め自分自身の備忘録としておきたいと思います。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
デル株式会社


HP Directplus -HP公式オンラインストア-