カタテマゴト

ポケモンGOは運動不足解消に捗るぞ!ポケモン世代じゃない私がオススメする理由とは。

time 2016/07/22

pokemon_go_title
結論から言うと、ポケモン世代ではない私ですが、日本中が話題になっているポケモンGOをやり始め運動する習慣がついたところ、3日で体脂肪率が3%ダウンすることが出来ました。

現在も運動の習慣は継続出来ています。

そもそも、ポケモンをよく知らない私ですが、職場の後輩たちがワイワイキャーキャー盛り上がっているのを見ると、レアキャラとかゲットして自慢したいというおっさんとは思えないみっともない欲求が生まれてしまい、配信日当日にダウンロードしてしまいました。

プレイ方法などは既にかなりのサイトやSNSで広まっているので何となく仕組みは分かっていましたが、シンプルに言うと、ゲームを起動した状態で何らかの方法で移動して仮想現実に存在するポケモン見つけゲットするといった内容のゲームです。

そこで、後輩に自慢するためにもポケモンを見つけようと思い、最近健康診断に向けて行っているウォーキングをしながらゲームをプレイしてみることにすると、普段行っている時間や距離がぐっと伸びて、かなりウォーキングを捗ることが出来ました。

海外の記事やコメントでも「Pokemon GOで肥満解消」みたいな内容が話題になっていましたが、今日1日ゲームをプレイしてみて実際自分もそのパターンにはまりそうだったので、ポケモン世代ではない自分もハマるその理由なども含めまとめてみました。

sponsored link

ウォーキングしながらポケモンを見つけることができるので、小さな目標を持ちながら「あと少しだけ歩こう」という気持ちになれる

私は普段音楽を聞きながらウォーキングをするのですが、30分位すると音楽にも景色にも飽きてしまうんですよね。

元々身体を動かすことは得意ではない性格のせいもあり、あまり長時間持続して身体を動かすことが出来ずにいたのですが、ポケモンGOを起動しながらウォーキングをすると、運動しながらポケモンを見つけることが出来るので飽きることなくウォーキングすることが出来ました。

ゲームを行う前は、歩きスマホなどスマホ画面を見ながら歩かなくてはならないものかと思っていましたが、このゲームにはバイブ機能がついておりポケモンが現れると振動でお知らせしてくれるため、画面を見ないで歩いていても振動があった時だけ立ち止まって確認をすれば大丈夫です。
IMG_20160722_224331

ただ、これがジョギングや自転車であれば難しかったり危険かと思いますので注意が必要です。
ゲーム内でも起動時に、歩きスマホの危険を謳っていますのでゲーム画面だけを見て移動するのはNGですね。
IMG_20160722_224358

ただゲームの観点から行くと、移動距離が多いほど色々な種類のキャラを見つけるチャンスが増えるため、ウォーキングだと行動範囲が狭く同じポケモンが何度も出てくることがあります。

そうなると「また同じか」と飽きてしまいそうですが、ポケモンをゲットした時に手に入る「○○のあめ」というものはキャラクター種別毎に異なっており、この「飴」を一定数集めることで、ポケモンを進化させることが出来るシステムとなっています。
IMG_20160722_230043
そのため、同じポケモンを何匹も集め飴を手に入れることで進化させる楽しみがあるので、同じキャラでも初キャラでもどちらが現れても嬉しい仕様になっています。

こうなってくると、一匹でも多くポケモンを見つけたい気持ちになるので「もう少しだけ歩こうかな」と小さな目標を持って歩く時間と距離を伸ばすことが出来ました。

レアキャラの影が見えると捕まえたいという欲求に駆られる

このゲームでは、自分のいる位置がGPSで確認されているのですが、自分が現在いる場所の近くにいるポケモンの影を見ることが出来ます。

大体は、よく見つけるキャラクターですが、たまに大きめの影が現れることがあります。
IMG_20160722_224224
私はポケモンに詳しくないので影を見てもよく判らないのですが、何となく大きいキャラはレアキャラらしく、この影が出現した時は周囲をウロウロしてキャラが出現しないか期待してしまいます。

そのため、無駄に一区画を何周もしてしまったり立ち止まったりと、完全に不審者に間違われてもおかしくない状況ですが、あくまでウォーキングのついでにキャラ探しをしているだけです。

といった具合に、レアキャラの影が見えると無駄に多く歩きまわってしまい、結果的に運動量が増えるというメリットに繋がります。

ポケストップというアイテムをくれる場所まで歩く目標が出来る

ポケモンを捕まえるためのモンスターボールや、キャラのHPを回復させるためのアイテムは「ポケストップ」という地図上に配置されたスポットに行くことで手に入れる事ができます。

設置されている場所は様々ですが、私の住む地域では公園と神社の鳥居に設置されていました。
IMG_20160722_224055
そのポケストップで一度アイテムを貰うと色が紫色に変わり、再びアイテムを貰うには5分間待たなくてはなりません。
IMG_20160722_224116
そのため、次に近くにあるポケストップへと移動し再びアイテムをゲットしていくという作業を行いますが、うちのような田舎町ではポケストップの数が少なく、1つずつ回るだけでも結構な距離があります。

このポケストップがひとつの目標となり、結果として運動量の向上につながっています。

タマゴを孵化させるためには歩かなくてはならない

ゲームの中でポケモンのタマゴを貰うことがあるのですが、このタマゴを孵化させるためには2kmの移動が必要になります。
IMG_20160722_224153
このポケモンGOの凄いところは、時速10km以上での移動はカウントされないため、自動車や電車など人力以外での移動ではタマゴが孵化されないようになっています。

ですので、タマゴを孵化するためにも必死に2kmは歩かなくてはならなくなります。

まとめ

後輩に自慢するために年甲斐もなく始めてしまったポケモンGOですが、ポケモン知らない世代としては、キャラクターを懐かしむというよりは、ポケモンを集めるという収集欲による楽しみ方があると感じました。

そのキャラクター集めのお陰でウォーキングする中で一つの楽しみを持つことが出来たのは大きな収穫だと思います。

キャラクターの数もかなりあり完全に集めるのはかなり困難だという話ですが、おかげでしばらくの間はウォーキングが捗りそうです。

補足~格安simとポケモンGOの相性~

ちなみに、格安simユーザーの方で、2G~3Gとデータプランがそれ程多くない方はポケモンGOのデータ容量が気になってプレイできないと心配しているかもしれませんが、私が今日一日約2時間程度プレイして使用した容量は23MBとそれ程容量を使いませんでした。

念のためARモードはオフにしていましたが、実際にはオンでも問題ないかと思います。

毎日フルでも使用しても1日2時間ゲームをしたと計算して月700MB程度であれば、データ容量の少ない方でも安心ですね。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
デル株式会社


HP Directplus -HP公式オンラインストア-