カタテマゴト

会社訪問に来た保険屋が勧めてきた学資保険。アフラックのWAYSについて調べてみた。

time 2015/06/24

calculator-1044173_1920

新年度を向かえ3ヶ月が過ぎようとしています。
我が社では毎年この時期の風物詩、新入職員を対象にした保険勧誘の御来設です。

例年だとおばちゃん外交員が飴ちゃんなんかを持って来るのですが、今年は団体保険のアフラックさんがビシッとしたスーツで外車に乗って登場してきました。
まぁ、会社上の付き合いもあるのでアンケート書いてあげると、翌日には直ぐ幾つも見積書を持って来てくれます。
いつもは殆ど見ないでリサイクル行きですが、今年はその中に学資保険の見積もりも有ったので手を止めて見てみることにしました。

sponsored link

アフラックの学資保険『WAYS学資プラン』とは

WAYS学資プランは、貯蓄性を重視し教育資金だけでなく将来のニーズに合わせて柔軟に使用する事ができる保険商品とのこと。

アフラックHPより一部引用

保険払込期間は15年と予め決められており、受取金額を200万円前後を目標としてシュミレーションすると戻り率は15年で104.6% 18年で108.3%となっています。
複利運用の場合で年利に直すと15年で年利0.65% 18年で年利0.80%となりました。
af

従来の学資保険と異なる点は?

従来の学資保険は満期日が決められており、途中解約すると払込総額より低い金額しか戻ってこなかったり一括払いではなく何年かに分けて満期学資金が支払われたりします。
また預けられる最大期間は決められており、満期が来た時点で学資金が支払われます。

それと比べ、このWAYS学資プランは

1)満期日が設定されていない。
満期が設定されていないので、大学受験時などにお金が必要なかったらずーっと預けておくことが可能な商品です。
2)途中解約しても戻り率が高い。
設定した15年(15年以上の変更も可)の払込み期間までは他の学資保険と同様、払込総額より低い金額しか返ってきませんが、15年を超えると途中解約しても戻り率が100%を超えるようになっています。それもそのはず、1)で述べたように満期日がありませんので、払込金額を受け取る為には解約払戻しするしか方法がないのですから、15年を過ぎた段階で実質満期と同様の扱いになります。

端的にいうと、満期日が無い学資保険ということでしょうか。

結局お得なのか否か!?

学資保険の契約時は、子供の将来に備えてという気持ちで契約しますが、長い月日の中で予測しなかった不測の事態が生じ纏まったお金が必要になるかもしれません。
そんな時、多くの学資保険は解約払い戻しをすると損をします。
その点、この保険なら15年と他より短い期間でお得に払い戻しが出来る点がメリットでしょう。
実際、キャッチフレーズに『柔軟に使用することができる保険商品』と謳っていますから、当然そういった売り方をしてくるでしょう。
また、『必要なかった場合は預け続けておくことが出来ますよ』という今まで無いタイプの攻め方も斬新かもしれません。
しかし、18年預けた場合年利0.80%であれば正直ソニー生命の学資保険の方が年利が上ですし以前比較をした仕組預金もじわじわと金利が上がってきているフシもあるので完全にお得です、とは言い切れませんね。

kid_studying_beanbag_hires
学資保険は契約まで時間が掛かる!?ドアノック商品は担当者が他の商品を勧めてくるので正直ウザい。
先日の記事の通り、ソニー生命の学資保険をネット上で申込むこと1週間、担当者から連絡が来て会うことになりました。 どんな切り込み方をするのか構えながら応対をしたのですが、ライフプランを聞いてきたり、将来像につ…

ただ、この保険は死亡保障が他の学資保険よりも結構高いんですね。
今回のシュミレーションで500万円の保障がついていますが、私が契約しているソニー生命だと契約者死亡の場合以後の支払い免除、イコール満期受取金額がマックスの死亡補償金となります。
ですので、学資保険プラス死亡保険として考えるのであればお得感はあるかもしれません。

まとめ

学資保険は戻り率に着目しがちですが、このように年利に直すと預金金利等と比較しやすくなります。
今回の保険は、年利だけなら旨味は高くありませんが、死亡保険とセットと考えると一考の価値があるかもしれないので前向きに検討していこうと思います。

生命保険業界は日々変化しています。
今回、たまたま保険勧誘員が来たので知ることが出来ましたが、子供や家族のためにお得でしっかりとした備えになる保険を探して行きたいですね。

sponsored link

コメント

  • 世相を反映していますね。

    今どきの進学状況ですが、私学進学者のおよそ半数が推薦入学者です。
    推薦入学の場合は入学金納入が早く、学資保険の満期が間に合わない事があるので
    (少し前まで18歳満期が主流でしたから)
    安全策で15歳満期をメインにしたんでしょうね。

    意外と知れれていませんが、学資保険は途中解約率が割と多いと聞いています、
    つまり思っていた以上に教育費が掛り、継続出来なかった家庭が多いんですよ。

    そういう事からも契約は慎重になった方が良さそうですね。

    by モコ €2015年7月3日 10:26 AM

    • モコさん。

      仰るとおり、今は推薦やOA入試なるものが多く、大学側も学生集めに苦慮していると聞いています。
      私も仕事柄学校訪問をするのですが、専門学校などは定員割れが酷く運営が成り立たないと言っていました。
      しかも、推薦入学たと納入が早いんですね!?知らなかったです、参考になりましたm(__)m

      やはり途中解約率が多いんですね。
      時間があるときに記事更新しようと思っていましたが、このWAYSは15年満期前の解約率が72.7%と他の商品より凄く低くその辺りが保険会社側の旨味になっているんですね。

      我が家も、学資保険破綻しないように収入と比較しながら慎重に検討していこうと思います。

      by boba €2015年7月3日 5:41 PM

down

コメントする






sponsored link

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
デル株式会社


HP Directplus -HP公式オンラインストア-